機械に「文化」の味付けを。

情報速度の2次関数的な加速、それを後押しするテクノロジーと、眠っていた人々の才能、そういうものが相まって、「文化」が熟しています。
昔のような「爛熟」ではありません。

そういう中で、「文化」という文脈、センス無しに大量生産をするのは、無謀な旅と言わざるを得えないような気がします。
「…とはいえ、どうしたらいいか分からない。」
そんな方は、文化を研究している人たちが、ビジネスマン向けに開く講演会に赴くのはいかがでしょうか…?

◆ 東京外語大
2017年6月6日(火) 14:20-15:50
「ASEAN50周年と日本:中堅・中小企業の海外展開について
タイを事例としたグローバル人材育成・確保~」
http://www.tufs.ac.jp/event/general/asean50.html

~参加者募集:6/30〆
世界ビジネスシリーズ講演会:”インド太平洋戦略構想” でビジネスどうなる?
http://www.tufs.ac.jp/event/general/630_3.html

◆ 上智大学
2017年5月16日(火)~6月6日(火)
アフリカン・ブリコラージュ(器用仕事)写真展・講演会
http://dept.sophia.ac.jp/is/iac/news/docs/news20170418_413134756.html

6月28日(水)
「東北タイの伝説と環境問題」
http://dept.sophia.ac.jp/is/iac/news/docs/news20170511_417133054.html

[他の文化研究所]
ICU アジア文化研究所
http://subsite.icu.ac.jp/research/iacs/

東洋大学 アジア文化研究所
http://www.toyo.ac.jp/site/acri/

大東文化大学 東洋研究所
http://www.daito.ac.jp/research/laboratory/oriental/index.html

東京大学 東洋文化研究所
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/

他にもいろいろあって、ユニークな催しがあります。
各国大使館、日仏会館などの国際交流団体、日中学院などの語学学校の催しも、各国、各地域の実情を身近な場所で感じることができるいい機会をたくさん提供してくれています。
御自身でも、いろいろご覧になってみて下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中