「イノベーション」で困っている人のために~「マインド」と「マインドセット」の違いを分かりましょう。

「はう とぅ イノベーション」系の文章を読んでいると、十中八九、
「マインドセットを変える」ことが不可欠だの、必要だのという文言が出てきます。

今、「イノベーション」で困っている人、しかも、本質的なところじゃない部分で困っている人
つまりそれは、既に何かを計画して進めている中で、困難にぶつかって困っているのではなく
何かしなくちゃいけないんだけど、どうしていいか分からなくて、まごまごしている人、
そういう人は、まずこの「マインドセット」という言葉を、本質的に理解することから始めると、
自分が何をしたらいいか、分かるかもしれません。

----------------------------

まず、「マインド(mind)」を理解しましょう。

英語なので、英語の辞書↓でその定義を調べます。
https://www.vocabulary.com
(この英英辞書、超オススメです!)

“mind” マインド
Your mind is where your thinking happens.
あなたの「マインド」とは、あなたの「考え」が起きる/湧く/浮かぶところである。

If you’ve made up your mind, you’ve come to a decision.
「”マインド”を作り上げた、と書くと、それは「決めた。」という意味になる。」

Mind can also mean “pay attention to” or “watch.”
“Mind”はまた、「気を付ける」とか「注意」ということも意味する。

If someone tells you to “mind your manners,” they want you to be polite.
もし、誰かがあなたに「マナーに”マインド”して。」と言ったなら、言った人はあなたに、もっと礼儀正しくなってほしいと思っている。

If you tell them to “mind their own business,” maybe they’ll leave you alone.
もし、あなたが誰かに
「あなたたち自身のことを”マインド”しなさいよ。」
(人のことを気にするより、自分のことを気にしなさい。)
と言ったなら、多分、彼らはあなたを置いてどこかへ行ってしまうでしょう。

When I ask, “Would you mind if I open a window?” I’m asking if this would bother you.
私が
「私が窓を開けることを、あなたは”マインド”しますか?」
とあなたに尋ねる時は、私は、あなたに、
「窓を開けることは、あなたの気に障りませんか?」
と尋ねています。

----------------------------
日本語で言えば
「気(持ち)」
が一番近いでしょうか。

では、「マインドセット(mindset)」、これはなんでしょうか?
「気持の詰め合わせ?」
そもそも「mindset」?「mind set」 ?

----------------------------
“mindset” マインドセット

A person’s usual attitude or mental state is his or her mindset.
人の普段の振る舞いや、心の状態を指して、「彼/彼女のマインドセット」と呼ぶ。

If you have an environmentalist mindset, you probably bring your own bags to the grocery store.
もし、あなたがいわゆる「エコロジスト」の”マインドセット”を持っている人であれば、
あなたは買い物に行く時に、大抵のケースでマイバッグを持ってゆくでしょう。

Some examples of mindsets include an optimist’s sunny perspective on life, a business owner’s entrepreneurial way of thinking, or an Army general’s military focus.
“マインドセット”の使われ方には、
・楽天家が人生を考える時の明るい物の見方
・事業主の起業家的な考え方(起業家精神)
・陸軍将軍の軍事的視点
なども含まれる。

Sometimes, a mindset spreads between people in a group and colors the entire group’s outlook — psychologists call this groupthink.
時として、”マインドセット”は、ひとつのグループに属するメンバーの中に広まり、グループ全体のモノの見方を、ひとつの色に染めつくす。
心理学者はこれを「グループシンク」(集団浅慮)と呼ぶ。

The noun mindset was first used in the 1930s to mean “habits of mind formed by previous experience.”
言葉としての”マインドセット”は、1930年代に初めて下記のような意味で使われた。
「直近の経験に基づいて形成された、考え方や習慣。」
----------------------------

この中では私は、
「エコロジストなら、マイバッグをいつも携えているはず。」
という例えが分かりやすいと思っています。
エコロジストさんは、マイバッグをいつも携え、マイボトルを持ち、ゴミをできるだけ出さない、使い切ることを心がけて暮らしています。
何か一つやったから、「エコロジスト」なのではなく、エコロジストとしての物事の捉え方が、日常の「ふるまい」を決定している人です。

“mindset”には、「考え方」という訳がありますが、算数の解き方なんかも、日本語では「考え方」って、言っちゃいますよね。
それよりは、ずっと分かりにくく、伝え辛く、身に付きづらく、一度身に付いたら変え難いものが「マインドセット」です。
「物事の捉えかた」「生き様」「生き方のクセ」「思考の方向性」あたりが、近い日本語の表現かと。

“mind”は一般的な言葉で、mindsetはmindを前提として、更に高次で具体的なことを指している。
そんな感じでしょうか。

エコロジスト的な「気持(mind)」は、
・皿に着いた油を、新聞紙などで拭かずにいきなり洗剤で洗う人を見た時
・リサイクルできる新聞紙、雑誌、ペットボトルが、分別されずに捨てられるのを見た時
・宅地造成で、里山が丸坊主にされるのを見た時
そんな時に感じる「あああ…。」と思う気持ちです。
それは、どうしてそれが地球の環境破壊につながるかが分からなくても、
「あああ…地球が壊れる…。」
と思ったなら、それでも「エコロジスト的な気持ち」です。

エコロジスト的な「マインドセット」は、
・皿に着いた油を、新聞紙などで拭かずにいきなり洗剤で洗う人を見た時
・リサイクルできる新聞紙、雑誌、ペットボトルが、分別されずに捨てられるのを見た時
・宅地造成で、里山が丸坊主にされるのを見た時
に、「あああ…」と思った後、これらの行為から地球を守ることに思いを馳せる(=考える)、
例えその時は、行動はできなくても、ただ嘆くだけでは無く、考える、それが「エコロジスト的な「マインドセット」」です。

あまり、上手い例えとは言えないのですが、ここを一旦説明しないと、次の話が書けないので…。

…ということで、「マインドセット」とは何であるのか。

・日本語にヒトコトでは置き換えができない。
・「気持」ではない。
・「考え方」では軽すぎる。
・「物事の捉えかた」「生き様」「生き方のクセ」「思考の方向性」くらい、変え難い、身に付けづらいものである。

こんな感じで思っておいていただければ。
これで改めて「マインドセット」という言葉が出てくる文章を読むと、それだけでも随分違うと思います。

次は「マインドセットを変えるってどういうこと?」を、書きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中