新しいぶどう酒は、新しい革袋に。~ほぼ日や、チームラボのオフィスを見て思うこと。

先ごろ、新しい研究所のお披露目がありましたね。
こちら↓の記事に、写真がたくさん掲載されています。

「ホンダ、“温かみあるロボティスク社会”を目指して「R&DセンターX」開設」
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1046941.html

なんかね、ちょっとね、オフィスの風景にがっかりしちゃったかな。
こう言っちゃ、赤坂の君には悪いけど。

糸井重里さんの「ほぼ日」のオフィスが、昨年、引っ越しをしました。
新しいオフィスの写真とともに、過去のオフィスの写真もあるので、まあちょっと、こちら↓の記事の写真をご覧くださいな。
https://www.1101.com/news/2016-01-15.html

弊社に関連する多くのオフィスの風景は、2001年まで「ほぼ日」がいた、「鼠穴」に近い感じかと。
弊社内の比較的新しいオフィス~HGXの感じが、2005年に彼らが後にした骨董通りのオフィスに似た感じかと。

ほぼ日さんの、新しいメゾネットタイプのオフィス、楽しそうですよね。
弊社だったら、なんとか委員会が絶対に許さない。(笑)

猪子さんのところの「チームラボ」のオフィス、のぞいてみましょうか。
こんな感じ↓です。

「テンションが上がるオフィスを作れ!―《チームラボオフィス》のイノベーションを生む空間作り[2]」
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/91

あと、こんなお部屋も、世の中にはあるんです。
「荒川修作の『三鷹天命反転住宅』」
http://jian92fs.hatenablog.com/entry/2014/06/01/180008
ここ、借りられるので、本気の山籠もり、新しいことを考える山籠もりの時には、使ったらいいと思いますよ。

楽しそうでしょう?
いろんなことが考えられそうでしょう?

当研究所は過去、畳の部屋に鍵を掛けたり、つぶしたりしてきました。そんなこんなから考えるに、弊社の「そういう感覚」は10年遅れている、というのが私の所感です。
HGXやらHIL-TKやらがある赤坂の高層ビルの上、いいけど、好きだけど、ずっとそこにいると、感覚が狂うことを、都会の高い場所で育った私は自分の体で知っています。
だいたい、「高層ビルかっこいい!」なんて、「昭和の子(笑)」みたいで、ちょっと恥ずかしいって思うんだけど。

藤澤武夫が研究所を独立させたことや、給与制度、様々な福利厚生制度(昼飯均一料金、作業着の無償貸与洗濯など)の確立は、30年分くらい進んでいて、早過ぎて、理解されないくらいだったのに。
なんで、あんなことも、こんなことも、世間に置いてゆかれて、遅れちゃったのかな。

人のことを考えるなら、街に出て人に揉まれなくちゃ。
朝から晩まで、人を見て、人とつながらなくちゃ。

聖書の言葉を、紹介させて下さい。
----------------
マタイによる福音書 9章16節、17節

~だれも、真新しい布ぎれで、古い着物につぎを当てはしない。
そのつぎきれは着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなるから。
~だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。
もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。
だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。
そうすれば両方とも長もちがするであろう。
----------------

HGXは、新しいぶどう酒を醸すところ。
新しい酒樽、新しい麹、新しい杜氏じゃなくちゃ。
そして、その酒を買ってもらうのは、新しい人たち。
古い人が「これ、美味しくないよ。」って言ったって、そんなのカンケーねーし。

[参考記事]
【東京R不動産×ほぼ日対談】
楽しく働けるオフィスとは?2社のオフィスを大公開!
http://diamond.jp/articles/-/16132

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中