芸術系情報~「スラブ叙事詩」がやってくる…!

“アルフォンス・ミュシャ”の名前は知らなくても、一度はその絵を目にしたことがあると思います。
こんな↓絵
https://www.google.com/search?q=Alphonse+Mucha&safe=off&hl=en&gl=us&authuser=0&tbm=isch&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwjP9veyx47SAhUKOrwKHd80BgMQ_AUICCgB&biw=1600&bih=808&dpr=1
ご存知でしょう…?

「印刷の時代、大衆文化黄金期の寵児」、と言ってもいいでしょう。
アールヌーヴォー、ロートレック、ビアズリー、クリムトなどなど。
興味を持った方は、自分で調べて下さい。

で、ミュシャはこういう挿絵ばかりではなく、超大作、超超超大作といえる一品、一幅?があるのですが、ついに、それが日本にやってきます…!

「ミュシャ スラブ叙事詩がやってくる!」
https://ima.goo.ne.jp/column/article/4406.html

この絵をご覧になる際には、是非、東欧の歴史を少しかじっていらして下さい。
こういう機会に「国を追われる」「宗教が原因で戦う」ということを、考えてみて下さい。
今は、わかりやすい本とか、ウェブサイトがたくさんあるので…。
こちら↓などご参考に。
http://ameblo.jp/treasure37-705/entry-10675821876.html

その他、芸術系情報。

★ エゴン・シーレの映画
「エゴン・シーレ 死と乙女」
http://egonschiele-movie.com/
http://egonschiele-movie.com/about.php
ミュシャの世代に影響を受けています。
渋谷・有楽町などで上映中。

★ 「ティツィアーノとヴェネツィア派展」@東京都美術館
こちら↓に詳しく。すごくいいみたいですよ。
http://blog.imalive7799.com/entry/Titian-Venice-201701

★ LOVE展 @切手の博物館
バレンタインってヤツですか。
http://www.yushu.or.jp/museum/kikaku/

★ 江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-@江戸東京博物館
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
ここ、近くに「土俵のある居酒屋」さんがあって、相撲甚句とか見られるんですよ。
もう、相撲好きなら大興奮!
男性なら、土俵の上に上がれます。
http://www.asahi.com/and_M/living/SDI2016071520381.html

★ 超・日本刀入門 ~名刀でわかる・名刀で知る~@静嘉堂文庫美術館(世田谷)
http://www.seikado.or.jp/exhibition/index.html
金属屋的には、金属芸術をやはりオススメしたいところです。
滅多にない機会はこちら↓
職方実演会「日本刀にたずさわる職方の技」
日時:3月4日(土) 午前10時~16時30分

★ DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展@天王洲アイル
http://davidbowieis.jp/
これもまた、ファンでなくても見ごたえのある内容だそうです。
「カリスマ性」って、こういうことをいうんだろうなあ…。
インターネットを予言していた、なんて話↓も
http://www.gizmodo.jp/2017/01/david-bowie-predicts-what-will-happen-with-the-internet-in-1999.html

他にもいろいろあります。
こちら↓など、ご参考に。
artscapeより東京都の展覧会
http://artscape.jp/exhibition/schedule/exhi_schedule_result.php?area=8

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中