医療業界のAI/IoT

私、最初に勤めた会社は、
「歯の詰め物屋さん」
でした。

ちゃんというと、歯科技工材料メーカーで、歯科用金属の研究開発をしていました。
社長が変態でブラックな会社だったのですが、(^_^;)
悪くないところもあって、大学と共同研究をさせてくれたり、歯学部の単位も取らせてくれたりしました。

当然、学会とかも行ったのですが、そこで驚いたことは、医療業界のデジタル進化度でした。
当時、私はまだDOSを操っていて、学会発表はOHPかスライドが工業界の常識だったのに、
医療関係だと、Macで、プロジェクターで資料を映していたんですよ!フルカラーの写真を!

後々分かったことは、
・ 「人の命のため」という大義名分が立てやすい。
・ お金持ちが多い。(笑)
・ 補助金が、何かと出やすい。
・ 設備にしろ技術にしろ、ある程度、新しい物を取り入れてゆかないと、客(患者)が離れてゆく。
・ 業者がローンに好意的。(笑)
↑友達の眼科医が、女性一人で開業したのですが、1億円借りられたそうですよ!本人もびっくり。(^_^;)

そんなこんなの事情で、デジタル化が進みやすかったのです。
今、ITとかIoTとかについても見ていると、医療業界は、工業界よりもユーザーに近いところでの実装が
早いように見えます。

いくつか、紹介しておきます。
違う業界の話、面白いですよ。

202X年、医療現場に人工知能がやって来た
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/011000049/011000002/?ST=health&P=1

尿で発電する、電池レススマートおむつ
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/121305458/?ST=health

「介護ローソン1号店」を見学してきた
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20150406/412841/?ST=health

以下は、無料ですが、会員登録が必要です。
特集◎人工知能は敵か味方か

術中の患者情報をリアルタイムで収集・分析
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t285/201701/549718.html

ウェアラブル端末で常時遠隔モニタリング
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t285/201701/549717.html

症状や検査値の入力でAIが瞬時に臨床推論
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t285/201701/549715.html

読影専門医も見落とす小病変をAIでキャッチ
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t285/201701/549716.html

カルテ解析で精神疾患患者の予後を予測
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t285/201701/549714.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中