オススメ未来マンガ~2050年から始まる火星史「スターレッド」 萩尾望都

「地球人は、火星人のように体質を変化させない。知恵と、労働で、環境を変える。」
「一番の問題は、人口の増加だ。食物…資源…経済…。」
「一時期、地球の放射能が増えたことがあった。その時からドームが作られた。」
「超能力は退化だ!」

1978年の作品ですが、今、未来を読む助けになるかと。
作品の中で語られる火星史を、少しだけお見せします。
---------------
火星の歴史…というても、まあ、浅いんですが、
大別しますと1期と2期に分けられましてな…。

1期というのは、2050年に始まった移民、流刑地の設立とその廃止まで…

わしの言っておるのは、みんな地球の暦でのことでな。
まあ21世紀ってのは、地球にもう人間がうようよおってな。
たまらんで、政府は月や金星や火星に植民を始めよったんですわ…。

火星では2050年、クリュセ(※)に基地が作られ、移民が始まりましたが、
なんでか胎児死亡率が100%でした。

…いまだもって、火星の伝説ですな。
…そのため、2070年には、植民地はやめになりました。
その後はまあ、流刑地になりましてな。
…政治犯だの、終身刑者だのが住みつきましてな…。

…火星ってのは、地球のすぐ隣にありまして…。

1日は約24時間40分。
1年は約687日。
自転軸は軌道に25度傾いていまして、春夏秋冬がありますな。
火星の直径は地球の約半分でな。
体積は地球の15%、重力は地球の38%、
酸素はほとんど無いが、改良の余地有。

…いい星ですよ。
小さな月は二つもあるし…。
でも、子供が産まれないんではなんともね…。

…その頃はまた、ワープ航法の実用化が進んでおりましてな…
役にたたん星を工夫するより、新しい星を見つける方が面白いと言って

…なにせ、光速より速く時空をぶっ越えて行けるんですからな。

手近の恒星、
…プロキシマ、アルファ・ケンタウリ、バーナード、シリウス、それらをめぐる惑星群、
遠くへ、遠くへ!
もっと遠くへ!

帰還した勇者たちへの栄光!発見!歓喜!マーチ!期待!
華々しい恒星開発の時代!

…火星は見捨てられましてな…。

終身刑の服役者らは、看守の監視の下で男も女も、地味な労働を続け取りましてな…。
旧クリュセのドーム(基地)の生存許容人数は2万人でしたが、
ゆうに、その10倍は常時送り込まれてましてな…

個人住宅もあり、結婚も承認されてましたが…
…でもこの罪人たちの火星における平均寿命は6、7年ほどでした。
-事故、病気
-餓死
それらの罪人の頭には、小さなプレートが打ち込まれていて
それは絶えず、個人の脳波を受けてパルスを送っておりましてな。

…どこへ逃げても、隠れても、すぐ見つかるようになってましてな…
死なんかぎり……。

22世紀半ばを過ぎますと、もう統治も、服役者の長とコンピューターなどに任せて、
看守たちは月や地球に帰っちまいまして…

あとはリモートコントロールの宇宙船が、定期的に囚人を乗せて火星に来るだけ…

月のステーションでは、火星から送られてくるパルスの数で生存人数を確認しておりました。

流刑地が廃止になったのは2188年。22世紀末ですな。

原因は、太陽系の植民地間の戦争と、急速に発展したプロキシマ、アルファ・ケンタウリなどの
遠くの恒星系惑星とのいざこざですわ…。

…火星なぞにかまっていられなくなりましての…。
もう1隻の船も火星には行かなくなりました。
開発からも、戦争からも置いて行かれた…。
よくよく、あいそのない星ですな…

火星では、囚人たちが生活しとったんですが、一人ずつ死に…
最後の生体パルスが消えたのは2202年…74年前…。
この時、火星の第一期の歴史は終わったのです。

そして、別の歴史の幕開けでもあったのですな…

流刑地には当分、誰も近寄りませんでしたからの。
いったい、いつごろから火星の上で子供が生まれるようになったのか?
誰も知りません。

最後の生体パルスが消えた時、いったい、クリュセには、その子孫がどれぐらいいたことでしょうな。
もちろん、彼らはプレートなど付けていなかったし、
だから月のステーションや地球政府は、夢にも思いませんでした。

追放された人々の間から、新しい生命が生まれて、
火星のシダ類のように、火星に順応しつつ育っていったなど…
2期の歴史が開始されるまでは…

地球政府が新しい科学力で、もう一度火星を植民しようという試みでしてな
今から12年前、2264年に、300人ほどの科学者を中心とした移住者を実験的に送り込んだ。

※火星の平原。1976年、NASAの探査機バイキング1号がここに着陸した。

引用はここまでです。
ここから、火星戦争が始まります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中